ローコストで家を建てること

今、日本中で、不動産についてある問題が盛んに議論され、問題視されています。それは、空き家問題です。ローコストで家を建てることのできる地域によっては、全体の3割が空き家である所も存在するほど、この問題は大きな議論を巻き起こしています。なぜならローコストで家を建てることのできるのでわざわざ中古住宅を買わないからです。このような現状の中で、私たちは賢く自分の家を持つにはどのような行動を起こしたらいいのでしょうか。考えられるのは、これまで大多数の人が行ってきた、土地から探しを行い、そこに新築の家を建てるという、スタンダードからの脱却だと思います。空き家となった家を見てまわり、状態のよい家をリノベーションするのが、賢いやり方の一つではないでしょうか。いま、盛んにリノベーションという概念が叫ばれています。海外では、日本のように新築を立てるようなケースがむしろ稀で、基本家は中古であるという概念が一般化している国もあるそうです。日本も空き家問題を抱えている以上、このように中古住宅に住むのを一般化する必要があるし、そのほうがローコストで家を建てることができるのは決して悪い選択肢ではないのではないでしょうか。