極小住宅(30坪程度の家)

家となると、地域にもよりますが、まずは土地を探し、そこに理想の家を建てる、というのが一般的であり、その敷地や建物面積も、それなりに余裕をもった設計をすることが多いのではないでしょうか。その反面、広さより、おしゃれさや立地を重視したいという人もいるかと思います。この時、選択としては、いわゆる極小住宅に住むというのがあるかと思います。夫婦二人であったり、子供も1,2名であるなら、必ずしも30坪程度の家でなくてもよいと考える人もいるため、最近極小住宅が注目を浴びています。家が小さければ、もちろん土地も小さい。土地が小さいなら、土地の値段も安いというのが一つの特徴です。また、それにより、立地もずいぶんよくすることも可能です。土地が小さいなら、駅から近いところでも、それなりの値段で手が届くことがあるからです。また、建物を小さくした分、その中身や質に専念することもできます。そのせいか、極小住宅って、おしゃれな建物のほうが圧倒的に多いのでは思います。広さかおしゃれさか、どちらかとるのもよいのではないでしょうか。