ローコストメーカーと大手ハウスメーカー

一昔前と違い、最近は新築で家を建てるとしたら、大手ハウスメーカーの名前が挙がることが多かったと思いますが、近ごろはローコストメーカーなんてのもごろごろと出始めています。

そのせいか、貯金ゼロや、昔ではあり得ないくらいの値段で家を買うことが可能な時代となりました。年収300万や、派遣社員増という時代背景を考慮すると、このような状況は好ましくもあり、いわゆる低所得者に対してかなりありがたみもあるかと思います。

ただ、実際にローコストメーカーの作った家を見に行ってみると、すべてとは言いませんが、中には注意が必要な物件があるもの事実です。最悪なケースとして、都度不具合が見つかるので、1年中外装にネットがかかったままなんて家もあるそうで、買ってしまった方が気の毒でなりません。

反面、外からみると大手ハウスメーカーとそん色ない作りであることも事実です。そのため、消費者としては、ますます賢くなる必要があります。

大手ハウスメーカーかローコストメーカーかをきちんと選択する必要があるかと思います。