各務原市の建設会社

◆ビーズ法ポリスチレンフォーム「発砲プラスチック系」

「EPS」とも呼ばれ、これも比較的歴史ある断熱材と言われます。

各務原市の建設会社で家を建てる際には、原材料となるビーズ状のポリスチレンを発泡させ、金型で成形します。

素材の持つ特徴として、水に強い・軽いという面を持ちます。

水を通しづらいことや耐久性に優れているというメリットと、各務原市の建設会社で家を建てる際には、施工が容易である事、比較的安価な部類に位置する事で利用範囲が広いとされています。

軽量であるため、各務原市の建設会社で家を建てる際には、断熱材が自重でよれたり壁内部で落下したりといったトラブルもないことから、広く使用される断熱材のひとつです。

 

◆フェノールフォーム「発砲プラスチック系」

1940年代には寒冷地の欧州で生産され始めた種類の断熱材です。

難燃性・防火性・耐薬品性などに優れ、各務原市の建設会社で家を建てる際には、不燃・準不燃材料の認定を受けている製品も多いのが一番の特徴です。

近年では各務原市の建設会社で家を建てる際には、壁に使用する釘やビスが錆びないようpH値を調整した製品もあります。

カッターナイフなどで加工しやすいというメリットがあります。

熱を加えると炭化する性質を持ち、各務原市の建設会社で家を建てる際には、その炭化した面は炭化膜となることでさらなる延焼を招くことがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です