断熱材のグラスウールについて

オイルショックなどの社会環境の影響を受け、断熱材にさらなる厚みを持たせる必要性が発生したりと「寒くない家」に対する認識がさらに深まって行きました。

近年では、エコロジー・エコノミーの観点も加わり、よりこの「断熱材」に対する関心が高まっています。

今回は、断熱材の種類と特徴をお伝えいたします。

 

 

グラスウール「繊維系」

極細のガラス繊維でできています。

安価な部類とされている上に、防音効果もあります。

そのことから、住宅だけでなく映画館やコンサートホールなどにも多くの利用例があります。

防音といえばグラスウールは代表的なものです。

また、そもそもの素材がガラス繊維ですから、シロアリなどの虫害を受けることがありません。

また火災にも強いのがメリットです。

一般住宅でも、楽器の演奏や音楽鑑賞やシアタールームが欲しい方からのご希望が多いのが、このグラスウールです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です