アトピーとアレルギー

近年注目されている断熱材には、大きく分けて繊維系とプラスチック系の2種類に大別されます。

それぞれに性能や価格面でのメリット・デメリットがありますが、アトピーとアレルギーを考える際に、特に気を付けて頂きたいことが1点あります。

これはいずれの断熱材を使用する際にも言えることですが、アトピーとアレルギーを考える際に、「オーバースペックでないかどうか」です。

ご存知の通り、日本は狭いとはいえ、アトピーとアレルギーを考える際に、やはり寒冷地とそうでない土地とがあります。

寒冷地では通常の断熱性能が、寒冷地より温暖な、関東より南のエリアで必要かどうかを考えておかなくてはなりません。

この関東より南のエリアは「じめじめとした蒸し暑い期間を寒い地域より多く過ごさなくてはならない土地」であることを考えましょう。

大手ハウスメーカーなどは、アトピーとアレルギーを考える際に、日本全国統一で断熱材を展開しております。

そのため、断熱面にのみ注目し、アトピーとアレルギーを考える際に、オーバースペック(支払う費用に対して効果がそれほど必要ない)になりがちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です