月別アーカイブ: 2022年4月

小牧市で工務店探し

◆セルローズファイバー「繊維系」

木質の繊維を利用して作られるのが、このセルローズファイバーです。

綿や新聞紙、段ボールが原料となっています。

これらの原料に、ホウ酸や硫酸アンモニウムを配合することで、難燃性や防虫効果を持たせてあります。

小牧市の工務店で家を建てる際には、コストとしては比較的高価な部類に入り、施工に手間がかかるとされます。

エコロジーの観点から注目するお施主さまが増えている断熱材です。

同じ繊維質とはいえ、グラスウールと比較して調湿性に優れているという見方もあり、小牧市の工務店で家を建てる際には、家の結露が気になる方には検討して頂きたい断熱材のひとつです。

 

◆インシュレーションボード「繊維系」

解体された木造建築物の廃材や、木材加工場から出る端材などを廃木材チップに加工し、ボード状に成形したものです。

小牧市の工務店で家を建てる際には、貴重な木材を再利用するエコロジーのニーズに応えると同時に、木の持つ調湿性から人気の高い断熱材です。

壁の内部でおこる結露にも対応でき、小牧市の工務店で家を建てる際には、多孔質という特徴による消臭効果など、自然の木の良さの持つ特徴を余すところなく利活用できる断熱材として重宝されています。

断熱材のグラスウールについて

オイルショックなどの社会環境の影響を受け、断熱材にさらなる厚みを持たせる必要性が発生したりと「寒くない家」に対する認識がさらに深まって行きました。

近年では、エコロジー・エコノミーの観点も加わり、よりこの「断熱材」に対する関心が高まっています。

今回は、断熱材の種類と特徴をお伝えいたします。

 

 

グラスウール「繊維系」

極細のガラス繊維でできています。

安価な部類とされている上に、防音効果もあります。

そのことから、住宅だけでなく映画館やコンサートホールなどにも多くの利用例があります。

防音といえばグラスウールは代表的なものです。

また、そもそもの素材がガラス繊維ですから、シロアリなどの虫害を受けることがありません。

また火災にも強いのがメリットです。

一般住宅でも、楽器の演奏や音楽鑑賞やシアタールームが欲しい方からのご希望が多いのが、このグラスウールです。

岩倉市で無垢ひのきの家づくり

本文は、岩倉市で無垢ひのきの家づくりを計画している方向けの見学会や勉強会にご参加いただいたみなさま、岩倉市で無垢ひのきの家づくりを計画している方向けの資料をご請求いただいたみなさま、岩倉市で無垢ひのきの家づくりを計画している方向けのメールマガジンをご購読いただいているみなさまへお送りしております。

 

さて、2月末というのにまだまだ寒い日が続いております。

そんな時に気になるのが、断熱材ですよね。

今回は、断熱材にスポットを当てました。

それでは、さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!

 

■ 今週のTOPIC 「家づくりの基礎知識 断熱材」

 

断熱材は、北海道や東北のような寒冷地から、必要性が認知され始めました。

 

1953年に定められた「北海道防寒住宅建設促進法」(寒住法)に関連し、寒さ対策を行った家に対しての公庫融資支援が始まりとされています。