月別アーカイブ: 2016年10月

子供の将来を考えて駐車場のことを考慮する~大口町で注文住宅で家を買う~

マイホームを購入する際、建物について何も気にしない人はまずいないと思いますが、駐車場はどうでしょうか。今は車を使っていないからいらない、今は1台車を所有しているから1台だけ置くようにする、など考えるかと思います。ここで注意したいのは、子供がいる家庭、もしくは子供を作る予定の家庭の駐車場についてです。具体的には、子供が大きくなったことを考慮すると、子供用の車を置くことを考慮したほうがよいということです。私の場合、大口町で注文住宅で家を買う段階では、子供は間違いなく小さいか、まだ生まれていないという家庭がほとんどだと思うのです。で、子供に対する家つくりの考慮として、子供部屋をどうするというのはやると思うのですが、ここで駐車場も1台余裕をもっておけるスペースがあるといいのでは思います。また、それが難しい場合は、家の前の塀などを壊して、将来駐車場を拡張可能とできる作りとなっているかを考慮する必要があるかと思います。地域によっては、家の前に路上駐車だらけのところもあり、大変見栄えが悪い上に非効率です。なので、家を建てる段階で駐車場の考慮をしてはいかがでしょうか。大口町で注文住宅を建てる場合だと、狭い土地も多いので特に駐車場の確保が必要だと思います。

住宅展示場はおみやげもらえて楽しいが。。。~扶桑町で注文住宅を建てる~

来場しただけでもらえるおみやげ、そしてアンケートに答えるともっといいおみやげがもらえる。戦隊ショーとか、子供用のイベントも多数行ってにぎやかなところ。それが住宅展示場です。社会人になると、それまでは車やバイクの話が中心だったかと思いますが、それが家へとシフトしてくる日が必ず来ます。そして、そんなときに、足を運ぶのが住宅展示場です。私も扶桑町で注文住宅を建てる際に扶桑町の近くにある住宅展示場に行きました。その時に家を全く買う気がなくても、行ったことのある人は多いのではないでしょうか。このような住宅展示場、楽しいことばかりですが、注意も必要です。それは、一度アンケートに答えてしまうと、これでもかというくらい住宅メーカーからメールやら電話がかかってくるからです。近々家を買う気の人ならまだいいのですが、とりあえずちょっと見に来たレベルの人にとっては、これは苦痛以外の何物でもありません。もちろん、実際の展示物を見ながら、営業をその特徴について話ができるのは本当に有意義でもありますが、そうでない場合は、先ほどの通りメール、電話が大変なので、注意が必要だと思います。扶桑町で注文住宅を検討する際の参考になればと思います。

窓のサッシ~江南市で注文住宅を建てる!~

家の中の居心地をよくするために重要なことは何でしょう。江南市で注文住宅を建てた際に私が注意したことは、部屋の広さはもちろん大事、快適な家具等を置くのももちろん大事にしましたが、それだけでしょうか。重要な要素の一つに温度があるかと思います。早い話、夏は暑く、冬は寒いと快適性は著しく低下します。実際、江南市は夏はかなりあつくなります。冬の寒さはそこまでではないですが。ではそうならないようにするためには、注文住宅としてどのような対策があるのでしょうか。暖房器具を高価なものにしたり、数そのものを増やすというのももちろんありなのですが、ここで重要なのは窓のサッシだと思います。ここがだめだと、結局は家の中が外気の影響をもろに受けるためです。まあ実際には、サッシのみでなく、窓自体も重要な要素ではあるのですが、きちんとしたサッシがつけられた住宅には、たいがいしっかりした窓がついていますので、そういう意味でもサッシが重要なのかなと思います。外気で家の中が影響されなければ、エアコンは夏は28度、冬は20度で本当にいけるらしいのです。私も実際に展示場でそれを確認したことがあります。そのため、家作りの際は是非サッシに気を使ってみてはと思います。江南市で注文住宅を建てた人間の経験談でした。